FC2ブログ

定額積み立て生活

こつこつ貯めた、金とプラチナ  定額積み立てってコツコツなうちにたまっているんですね。金やプラチナがらみのお話を。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2月雇用統計の際の金!

2月3日には、アメリカの雇用統計が発表されました。

過去記事をご覧ください
雇用統計の際には?

今回の発表では、

非農業部門の雇用増

なんと

24万3000人の増加!

そして、

失業率が

8.3パーセント

市場予想が14万人でしたから、ビッグポジティブサプライズ!

失業率も3年ぶりの低水準!

すごいですね。

当然ドルが買われました。

ドル円は

76.50ドル近辺から 76.78ドルまで!

すると、金は相対的に売られます。

ニューヨーク金が

1760ドルだったものが、あれよあれとと、1730ドル近辺まで。

雇用統計は月に一度のお祭りのようなものですが、市場のさまざまなものに影響を与えます。

3月はどうなるかまた、注目です!

金やプラチナの積み立ての方々も興味が尽きませんね。。。

↓ 皆さんの投資法が紹介されています。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2012/02/04 19:01 ] 市場 | TB(0) | CM(0)

FOMCと金 2012年1月

「金やプラチナの定額積み立てしかしていない。」

「定期預金しかしていない。」

などと行った方々にとって、「FOMC」などといった言葉にはあまり

なじみがないのではないでしょうか。

しかし、世界の経済状態、政策を動かす大事なイベントのひとつなんです。

日本の場合は、日本の政策金利は日本銀行が、「金融政策決定会合」を開いて決めます。
(ちなみに、毎月2回ほど)


アメリカの場合は、アメリカの金利を、FRBが「FOMC」で決定されます。
(年8回実施)


ここでの発表において、現在、将来の見通し。

個人消費、雇用、住宅、様々な指標、材料。。。

やはり、アメリカは世界最大の経済大国。

アメリカの金利動向、考え方の動きで、

株式や、通貨、貴金属、穀物の市場価格が動くのです。

残念ながら、我が日本の政策金利、云々では、ほとんど動きません。


さて、日本時間2012年1月26日の午前4時にFOMCの経済見通しが発表されました。

また、それに引き続き、午前4時15分からバーナンキ米FRB議長の記者会見が行われました。

今回のポイントは、

「2013年半ばまで」としていた低金利政策の継続見通しが、

なんと

「2014年終盤まで」

声明文が変更されたことです。

意外に、ユーロ危機問題が景気に陰を落としているんですね。

低金利をしばらく延長するということは、

金融緩和効果を強めたことになるんですね。

この日のイベント直後より、金を含めた、貴金属が高騰しました。 

ここ最近、ニューヨーク先物金価格が、1600ドル半ばを行ったり来たりが、

1700ドルを突破!

まだまだ、金の価格の上昇が見られるのではないでしょうか?

過去記事を参照してください。
一体どこまで金は上がるのでしょう?

もちろん、価格には上下がありますので、一本調子にはなりませんが、

故に、コツコツと、ドルコスト平均を実践して資産を増やせる、

定額積み立てがおすすめです。


↓ 皆さんの投資法が紹介されています。
人気ブログランキングへ
[ 2012/01/26 19:50 ] 市場 | TB(0) | CM(0)

雇用統計の際には?

1月6日には、アメリカの雇用統計が発表されましたね。

月一度の市場関係者のすべての方が注目する指標。

今回は、アメリカの雇用事情の底堅さが見られました。

金や、プラチナの定額積み立てをされている方で、この、雇用統計をご存じない方に簡単ですがご説明を。。。

毎月第1金曜日の発表で、

失業率

非農業部門雇用者数


の前月の統計が発表されるというものです。

このうち、非農業部門の雇用者数が増えてく傾向であれば、アメリカの経済状況が良い方向であると見られます。

よって、ドル高になります。

為替ははドル円では、一般的には、円安、ドル高に振れます。

やっぱり、アメリカが世界経済の中心であるために、重大な指標となるんですね。

さて、

その重大な指標の際の「金」価格が、今回どのように推移したかを見ていました。

日本時間の1月6日、22時30分

雇用が20万人の増加。

失業率が8.5パーセントに減少。


つまり、良い指標の発表だったんですね。

ドル円が77.15円から77.30円に上がりました。その後、77.10円まで下がったあとは、77.32

までの上昇。

ニューヨーク金の動きですが。

1621ドルが1624ドルへ。

その後、1617ドル、後、1627ドルへ。

1616ドルまで下がったあとは、この日の最高値の1628ドルまで上昇。

ずるずると下げに1613ドル、1608ドルまで下がり、1621ドルへ。

結局、その後には1616ドルの終値で終了です。

一般的にはドルが上がると、金は下がり、

ドルが下がると、金は上がるといいうのが普通です。

とにかく、この日は、お祭りのような相場です。

指標が発表された瞬間からは、チャートが上下に暴れるようにうごきます。

世界中の市場関係者が注目しているのを見て取れます。

金、プラチナの予想価格を記載されているブログがあります。

すばらしい分析をされています。

興味深いのでいかがでしょうか?

本日の金相場プラチナ相場


人気ブログランキングへ

[ 2012/01/08 16:26 ] 市場 | TB(0) | CM(0)

2011年が終わるにあったて、金価格を考える。。。

2011年も終わりですね。

今年は、金価格が急カーブで上昇しました。

長期と短期で金価格を見てみました。

今回の金の上昇の始まりは、

長期でみると、2009年の11月から始まりました。

ニューヨーク金先物が、約700ドルからの上昇!

そして、本年2011年9月6日のザラ場の1920ドルまでの上昇!

約1200ドルの上昇です。


すごいですね。ほぼ一本調子の上昇でした。

短期を見てみます。

2011年の1月28日のザラ場1307ドルからスタート。

2011年9月6日のザラ場の1920ドルの約600ドルの上昇です。

すると短期の半値は約1600ドル。


2011年の12月30日の最後の取引では、1560ドルで本年の取引を終えました。

すると、約半値を切っている感じで、やや、下げのトレンド。

また、もみ合っているのを感じます。

この後、もみあって、上昇に転じるのか?

それとも、まだまだ下落していくのか?

では、どんどん下落していくと、次の目安は、長期のスタート価格と

9月6日の高値の半値の1300ドル。
(大ざっぱな数字です。終値ベースですと若干違ってきます。)

今年の安値スタート価格ですね。


まだまだ、ユーロ危機やらなにやらでいろいろとありそうな2012年。

今後も金は注目ですね。


[ 2011/12/31 23:03 ] 市場 | TB(0) | CM(0)

金売却に対して、税金が?

2012年1月には、金売却益に対しての課税制度が変わります。

金の売却に対しては、以前からもそうですが、申告しなければいけません。

でも、申告納税の為、税務署では把握しにくいのが実態。

でも、対策が出てきました。

売却額が200万円を超す場合、金取扱店では、取引内容を記載した、

「支払い調書」を税務署に提出するように義務づけられました。


売却額です。

売却益ではありません!


定額積み立てでも、その契約している会社から、

住所、氏名、連絡先の調査が来ませんでしたでしょうか?

そして、約款の変更もあったと思います。

売却したときは気をつけましょうね。

税務署では、しっかりと把握しています。

無申告あつかいになると、せっかの利益が吹っ飛んでしまう自体になりかねません。


年明け、確定申告の時期がすぐ来ますので、その売却証書などをしっかりと保管しておきましょう!
[ 2011/12/31 20:51 ] 市場 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

あくお丸

Author:あくお丸
はじめての定額積み立ては1993年。
ながーいおつきあいです。

価格を見てみましょう!
金相場・価格の情報サイト - 金属.JP
ドル建てもチェックです!
[Most Recent Quotes from www.kitco.com]
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
エディタへ、ようこそ!
あしあとです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。